学校活動風景

ようこそ 名農ページへ

アクセス者数444212

学校メールアドレス

nakui-ah高asn.ed.jp
(「高」は「@」へ置き換えてください。)
 

学科紹介

園芸科学科
12345
2020/10/05

今年のブドウは・・・

| by 園芸科学科
今年の夏は本当に暑かった・・・と思う人は南部町にたくさんいると思います。盆地のため、昼暑く夜涼しいが定番なはずが、熱帯夜が続き、果樹にも大きく影響を与えています。

これは8月下旬のノースレッドという品種です。早生品種ですので収穫が直前ですが、夜も高温なことから糖の合成が悪く、糖度が上がってきません。着色も悪く、まだ緑色のブドウがたくさんありました。最終的に、全く色が着かずに雨で裂果したものが多くなってしまいました。
今後も栽培していくためにも、対策が必要だと感じる一面でした。
15:26
2020/10/05

最初で最後の体験学習

| by 園芸科学科
9月28日に本校にまほろば幼稚園の園児が来校し、収穫体験を行いました。いつもなら、受粉、摘果とサクランボ狩り、そして収穫と計3回来校する計画を立ていましたが、新型コロナウイルスの影響で1学期中の来校を見合わせていました。9月の高温で着色が進まなく、心配していましたがなんとか赤く色づいてくれました。

両手に可愛い園児達と農場を歩いて収穫するリンゴの樹に向かいます。
今日収穫する品種は「昂林」でふじの枝変わりで、ふじより1ヶ月早く収穫ができます。

お姉さんに収穫方法を教えてもらい、美味しそうな真っ赤に色づいたリンゴを収穫して満面の笑みです。園芸科学科の生徒達も、この日のために管理作業をしてきたことから、喜ぶ顔を見て笑みがこぼれます。
本当は色々な活動を一緒に行えれば良かったのですが、終わりよければ全て良しということで、笑顔で見送りをしました。来年もお待ちしております。
14:57
2020/10/05

夏から秋へ

| by 園芸科学科
9月は真夏のような暑さで、20日までで最低気温が20℃を下まわったの日が4日しかなく、早生品種のリンゴの着色が良くない状況でした。しかし、20日以降の最低気温が20℃を毎日下まわったことから、一気に着色も進み、晩生のふじも徐々に色づき始めました。

こちらは5代目が24日に行ったドローンリンゴの肥大調査の様子です。

まずまずの大きさに成長してます。ふじ特有の縞模様が入り始め、ここから1ヶ月半後に収穫が始まります。その間に、摘葉作業や反射シートを敷いて着色管理を行い、真っ赤なリンゴに仕上げていきます。
14:38
2020/09/09

賞状が到着!!

| by 園芸科学科
9月4日に神奈川工科大学主催IT夢コンテスト2020の最優秀賞の賞状が届きました。賞状が届くと生徒も実感がわくようで喜んでいました。

早速報道対応をして9月7日に取材に来ていただきました。最優秀賞なのでやっぱり良い顔してますね。
そして地元紙の東奥日報に9月9日に掲載されました。
歴代のPINE卒業生や多くの方からお祝いのメッセージが届いており、ありがたい限りです。次は、どのコンテストに参戦するのか楽しみですが、その前に進路活動を頑張っている5代目でした。
16:35
2020/09/09

第一農場は本当に肥沃なのか?

| by 園芸科学科
私が名久井農業高校に勤めて6年目となります。勤めた当初は、河川の氾濫の影響で、肥沃な土地だと言われていましたが、疑問に思っていました。なぜならば、採れる収穫物が小さいのです。

5代目TEAM PINEが使った枝豆を収穫すると根っこには根粒がたっぷりついています。

本当に肥沃であったらこんなに根粒はつかないはずですが、むしろやせてきていると判断した方がいいと思います。
本当は大根を植えて11月におでんを食べる予定でしたが、堆肥散布を行い、今年はもう半年休耕することに決定しました・・・
16:22
2020/09/09

修学旅行を夢見る2年生

| by 園芸科学科
園芸科学科2年生の農業情報処理では授業でプレゼンをやります。
1学期の考査終了後から8月の授業を使って、各自修学旅行で見学したい場所をランキング形式で全員発表していきます。

見たい場所が多くてなかなか決まらないと言っていましたが、3つに絞って発表していきます。

今年は新型コロナウイルスの影響で修学旅行がどうなるのか心配ですが、行けることを願うばかりです。
16:08
2020/09/09

コロナには負けません!!

| by 園芸科学科
8月27日5代目TEAM PINEの撮影会がありました。

実は、5代目は複数の課題研究を行っており、これは「耕作放棄地活用プロジェクト」を本校の耕作放棄地で実行しました。生徒数や授業数が減ったことから、飛び地の圃場は中々使われなくなっていました。そこで5代目は学校で余ったマリーゴールドを活用して花文字を、チーム名は大豆で作りました。
新型コロナウイルスに負けずに活動をしていくチームの意思表示になっています。
見たい方は9月末間で本校第一農場の飛び地にありますのでご覧ください。
15:55
2020/09/09

TEAM PINE いざ出陣!!

| by 園芸科学科
今年は、新型コロナウイルスの影響で多くのコンテストが中止になってしまい、校外へでての発表がほとんどありません。環境システム科ハンターズの世界大会もリモートで行われています。

そんな中、昨年悔しい思いをした神奈川工科大学主催のIT夢コンテスト2020がリモートで開催されるとのことで、5代目TEAM PINEは準備を進め、24校125作品の中から最終審査会への出場が決まりました。
決戦の日は8月15日!!タイトルは「持続可能なサクランボ栽培」です。

3年生は進路活動をしていることから、中々全員集まって練習できませんでしたが、戦う事への自覚は歴戦の結果で身についています。本番3日前には全員原稿を暗記しており、さすがは3年生です。そして当日、初めてのリモート発表です。発表の順番は1番最後でした。

プレゼンと質疑応答どちらも、練習通り行うことができ、結果発表を待ちました。
結果は最優秀賞の神奈川工科大学学長賞を受賞しました。
小宮学長様より、「オリジナリティ、技術面、実現性の部分で最高得点で素晴らしい発表」とのお言葉をいただきました。
今年最初のコンテストをとても良い結果でスタートできたので、今後はさらに進化を遂げた発表で、様々なコンテストに挑んで行きます!!
最優秀賞おめでとう!!
13:37
2020/09/09

体験入学はどうなるの?

| by 園芸科学科
新型コロナウイルスの影響で、開催が危ぶまれた中学生体験入学ですが、無事に8月4日に体験入学を行うことができました。。
しかし、園芸科学科は昨年から募集停止になっています。園芸科学科の果樹に関する教育課程は、生物生産科へ移行されるため、最後の園芸科学科の生徒である2年生は、名農の後輩を迎え入れるため中学生と交流します。

3年前から行っているモモのみで作られるピーチソルベは暑い夏には最高です。

たくさん後輩が増えることを期待しています!!
13:21
2020/09/09

東光鉄工株式会社訪問

| by 園芸科学科
7月29日に、5代目TEAM PINEは秋田県の東光鉄工株式会社UAV事業部を訪問しました。今年の研究データと今後の取り組みについて打ち合わせを行いました。

ドローンの溶液散布の幅がどの程度なのか生徒からの質問に、鳥潟さんから詳しく教えていただき、今後の研究に活かせそうです。

実際に機体の説明もしていただきました。
5代目は残り半年で次なる研究に取り組むようです。どんな研究になるのか楽しみですね。
13:10
12345